情報セキュリティ基本方針

近年のIT社会においては、個人情報漏洩、不正アクセスといったセキュリティインシデントが多発し、社会問題化しています。こうした中、事業活動における情報管理の徹底に関する重要性が高まっています。
NTT-CERTは、NTTグループのセキュリティ分野における取組みの中核として、これらのセキュリティ上及び、災害など事業運営に影響を及ぼす脅威から情報資産を守り、常に安心・安全なサービス提供を支援することで、IT社会のセキュリティ向上に貢献することを目指します。
本貢献に向けて、NTT-CERTでは、重要情報を扱う組織として、情報セキュリティマネジメントに留意し、同維持、改善を図ります。

  1. 社会的責任の遂行
    NTT-CERTは、情報セキュリティに関連する法規制、契約上の要求事項、事業上の要求事項を順守し、社会的責任の遂行に努めます。
  2. NTTグループの安心・安全ブランドの維持・向上
    NTT-CERTは、NTTグループのセキュリティレベル維持・向上を目指し、各社でのセキュリティインシデントの発生予防と発生時の被害極小化に努めます。本活動により、お客様に対して、NTTグループの安心・安全を訴求することに貢献します。
  3. 安心・安全なIT社会の実現に向けた取り組みの実施
    NTT-CERTは、安心・安全なIT社会の実現に向けて、目的を一とする社内外の信頼ある組織との連携を行い、セキュリティ脅威に対して最善なる対処を行うよう努めます。
  4. 組織内セキュリティの確保
    NTT-CERTでは、NTTグループはもとより社外の重要情報を扱い得る立場から、組織内でセキュリティ確保に留意し、他者・他組織から信頼され続けるように努めます。

2021.1.1
NTT-CERT
統括 司東 秀浩

ページの先頭へ